出社初日に愕然としました。ブラック企業と勘ぐりました。

出社初日に愕然としました。ブラック企業と勘ぐりました。新人ウェブデザイナーの日記

出社初日に愕然としました。ブラック企業と勘ぐりました。

今日は仕事の初日です。私は新卒で某デザイン会社に新卒で働く事が決まりました。

就活は大変でしたが入りたい会社に入社出来て良かったです。

私の通ってた大学はウェブデザインの大学です。

私はPCだけで仕事がしたいと中学生位から憧れていました。

親は両方ともフリーのグラフィックデザイナーなのでそういった仕事が出来る物なら何でも買ってくれました。

私は高校生になった時にもうすでにapple.のi mac(アップルのデスクトップPC) とmac book pro(アップルのノートPC) とi phoneを買ってもらって猛勉強していました。

高校生の頃からバイトはしないでウェブライターの仕事をしていました。

大学生になる頃には港区西麻布のマンションに一人暮らしをしていました。

そして卒業して念願のウェブデザイン会社に就職したわけです。出社初日のことは今でも覚えています。

初日という事で軽く緊張はしていたんですが、まずオフィスに入ってみなさんに挨拶をしました。

そして、デスクに連れていかれてびっくりです。なんと、デスクの上には何も無いんです。

私はブラック企業なのかと勘ぐったんですけど、お茶くみとか掃除をする人がいなくてそういう人になってほしいって言われたんです。

上司に言われました。私は嫌だったんですけが、ウェブデザインが出来る日がくると思って我慢することにしたんです。

一期上の先輩が言うには来年の新卒が入って来るまで1年間雑用みたいなんです。

私はかなりがっかりしました。初日のお昼はランチしました。先輩の女性のデザイナーの串橋さん (仮名)です。

串橋さんは爬虫類顔のめっちゃ素敵な先輩なんですが、ハンバーグの美味しいレストランに連れていってくれたんです。

早速先輩に仕事をしたい相談をしました。私は一線で動きたいから入社した事などです。

串橋さんは親身になって相談に乗ってくれました。

状況は変わるのか?でも変えないと私の夢は途絶えてしまう。会社で売れっ子のウェブデザイナーになりたいと訴えたのが今では懐かしい思い出です。


先頭へ
Copyright (C) 2016 新人ウェブデザイナーの日記 All Rights Reserved.