留学前に必ずやっておくべきたった4つの準備(勉強編)

標準

こんにちはイケメンです(#^.^#)


 
 

今日は

 
 

露骨にウケ狙いのハウツー記事です

 
 

何かというと

 
 

留学前に必ずやっておくべきたった4つの準備(勉強編)

 
 

タイトルに数字入れてみたりして最高にそそるんじゃないかと

10億PVは行く見込みでして。留学しない人にもTOEIC対策には超うってつけの書籍紹介とかしてるし

 
 

自分がこれから何をするべきかっていう自分用のまとめでもありますが

せっかくなので読者の人にも共有します。

というわけでもう早速イキます。本題に。

 
 

1に単語2に単語

 
 

これはもう自分の頭で考えたら当たり前なんですが

単語ですよね

どんな目的で留学するにしても

単語は必要ですよね

 
 

向こうでもこっちでも単語は覚えられます

 
 

わざわざ留学してから必死に単語覚えるとかもうね

家でやれよ家で

って話ですよね。

時間がない!って人も簡単に覚えられるのが

こちらのduo

DUO 3.0

ほんとヘタしたら2週間とかで覚えられます。この本の単語全部

個人的には覚えやすさで言えば最もEasyです

例文が面白いですからね

定期的な復讐は当然必要ですけど

復習用のCD聞いてれば簡単に復讐できますし

勉強法はこちらのリンクも参照にしたりして

 
 

最低限この程度の単語は覚えとくべきですよね。

TOEIC対策はこちら。これに乗ってる単語はマジで出ます。

TOEICテスト出まくりキーフレーズ 【CD付】

この本は前回のTOEICを受けた後に読んだんですが

あるあ…あるあるwww

ってレベルで出ます。TOEICの単語本としては最オススメですね。

 
 

2つ目は

 
 

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング

 
 

これ本のタイトルなんですけどね。

マジで効果ありますから。

この本は、凄く簡単な文を英語で話す練習をするんですね。

肝は

 
 

音読です

 
 

これはリスニングの勉強でも単語でも言えるんですけど

音読は最重要ですね。

聞けるようにもなってきますから。

「自分で発音できないのに聞いて理解出来るわけない」って偉い人も言ってました。

だから音読は英語学習で最も重要だと思うんですけど

 
 

この瞬間英作文の本も学習すべきマストアイテムだと思います。

とにかくクソ簡単な日本語の文を英語にするという

それを体に染み込ませるという学習法ですね。

 
 

僕がこの本を学習している時に友人と

俺英語勉強してるんだぜーイケメンだろー

とか言ってたんですね。

そしたら友人が

何勉強してるの?

って聞くから

「僕は本を何冊か借りにいった」っていうのを英語で言う勉強だぜ☆彡

って言ったら

 
 

「中学生かよwwwっwww」

 
 

って言われたんですけど

 
 

この本はやっておいて損は無いですよ

 
 

レアジョブとかで効果を実感してますし

この本の文を全て体に染み込ませる事が出来れば文を組み立てるのにさほど苦労しないというか

なおかつ単語覚えまくれば応用も効くし

レアジョブとかでもそんなに苦労しません。

というわけでお勧めの本

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

 
 

で、今も登場しましたが

3つ目が
 
 

レアジョブもしくはラングリッチ等

 
 

これで英会話しましょう。格安。

月5000円とかで毎日英会話できる。えげつない。

週末だけなら3000円とかもあるし

これで英会話童貞は雰囲気掴みましょう

レアジョブでの学習法についてはこんなイケてる記事も書きましたのでぜひ

 
 
それでこの記事を書くにあたって

レアジョブで講師に

「俺留学前に何勉強したらいいかな」って聞いたんですけど

「どのくらい行くの?3ヶ月?だったらこっちでペラペラになれるよーヽ(^o^)丿」

って

 
 

具体性のかけらも無いアドバイスをもらったんですけど

 
 

まあ可愛いから許すかって思えたりもするしとにかくお勧め

いやでも、ホントに英会話童貞にとってはお金もそんなにかからないから本当にお勧めです。

雰囲気掴みましょう。

 
 

思うんですけど英語学習だったり英会話って雰囲気マジ大事だと思います。

「適当な事言ってんじゃねえ殺すぞ」って思うかもしんないけどマジで

例えば洋画だったり海外ドラマ見たりして会話の雰囲気を掴むとスラスラと言葉に出来たりしますから

そう感じるシーンはレアジョブとかでもありますよ。ホントに。

 
 

で4つ目が

 
 

文法

 
 

 
 
言っちゃうと
このぐらい家でやりましょうねシリーズなんですけど

 
 

でもこの記事はそれのまとめなのでね。

この本は難易度もそれほど高くないのでお勧めです。

一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)

 
 

TOEICで言えばこれえげつない

TOEICテスト650点突破!文法講義の実況中継

自分は4ヶ月でTOEICが490→665になったんだけど

この本の効果マジでデカかったと思います。

ホントに出る。TOEICに出るんだから

後は同じ著者の

はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル

これもデカかったです。これはリスニング対策もあります。

 
 

キャリアアップの為に留学をプランニングしてる人とかは

TOEICは切っても切れないとこあると思うんで

割りとTOEIC押しの記事になってますね

 
 

「TOEIC取れても英語でコミュニケーション取れるとは限らない」みたいなことはたまに聞きますが

 
 

TOEICはビジネスライクな試験ですし

 
 

「TOEICも取れない人は話にならない」とも自分は思いますよ。

 
 

いや僕はビジネスで英語使った事とかないんですけど…すいません…

 
 

でもTOEICで700もいかなくてどうやって英語で仕事すんの?とは思いますね。

上記の書籍を勉強すればそれぐらい簡単にいくし

鼻くそみたいな僕でもその辺はいってるわけだから

しかも外資系企業のエントリー条件に

「TOEIC◯◯◯点以上」とかざらにあるわけだし

 
 

そんなわけで

自分が色々留学経験者のブログとかコラムとか読んでまとめたのが
この記事です。

最低限やるべきは

1.単語 2.瞬間英作文 3.オンライン英会話 4.文法

となりました。留学しない人も、お勧めの書籍を勉強すればTOEICの点数は上がると思います。

そして留学から帰国後に新たにビギナー向けの記事も書きましたのでよければ是非
 
 
留学前に勉強しておいた方が良いこと(ビギナー向け)
 
 

気に入って頂けましたらぜひFacebookページにいいねお願いします!
ソーシャルメディアでの共有も大歓迎です

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on LinkedIn
はてなブックマーク - 留学前に必ずやっておくべきたった4つの準備(勉強編)

Leave a Reply

WP-SpamFree by Pole Position Marketing